教育ローンか奨学金か・・・

ここ数年の高校、大学への進学率を見ると、100%に近づく勢いがあるものの、このデフレの中では、親の収入だけでは学費を払っていくことは難しく

 

しかも、進学する本人もアルバイトをしたとしても、生活費や自分の嗜好などに消えてしまうことになる。

 

これでは、根本的な解決にはなっていませんよね。

 

そこで、金融機関より教育ローンとしてお金を借りることも考えてもいいと思いますね。

 

金融機関の教育ローンは、無担保型の場合は、約300万円〜500万円が大概限度で、金利も約2.2%〜11%と幅がありますが、奨学金ほどは、手続きは難しくはありませんね。

 

要は、教育費として使うための教育ローンですから、教育ローンとして借りるという証明ができて、その返済が可能であれば大丈夫です。

 

ただ、通常のローンと同じ扱いですので、借入に問題あれば、利用は難しいですね。

 

金融機関の窓口でしっかり相談して説明を受けてください。

 

さて、教育ローンの返済方法ですが、大学と提携している、金融機関の教育ローンは、大概、元金は据え置きますよという方法を採用しているところが多いです。

 

ただし、通常の教育ローンのケースは、借りた翌月からは返済が、開始となります。

 

しがって、毎月の生活費のこともしっかり考えなくてはいけませんが、そう考えてもメリットとしては、教育ローンを組みやすく、しかも借りやすさが一番でしょう。

 

デメリットとしては、金利の高さと返済そのものが、在学した時から始まってしまいます。

 

また、どんなローンでもそうですが、借りすぎは危険です。

 

教育ローンは、どうしても教育費が足りない場合に考えたほうがいいですよ。

 

満額でなく、足りない場合に利用すれば、生活費への圧迫とはならないでしょう。

 

そこで、教育ローンもいいですが、奨学金も考えた方が」いいですね。

 

奨学金には、貸付と、返済不要のものもあります。

 

高校までの奨学金は、各都道府県の事務局が取扱っています。

 

この奨学金は、本人の学力、家庭の経済状況が採用か不採用が決まります。

 

そこで高校ならば、教育ローンよりも奨学金を検討することをおすすめします。

 

学力がもし優秀ならば、返済不要の奨学金を活用すれば、かなりの生活費の手助けになりますね。